生理前おでこにきびにピッタリのケア化粧品も紹介!

おでこニキビが生理前に悪化する原因メカニズムを解説します。女性ホルモンバランスの乱れのせいと言われてもピンと来ない人も多いですよね。生理前におでこニキビが大量発生する原因を理解して正しい対策へとつなげていきましょう。

ホルモンの乱れでニキビができるって言われても

生理前に増えるおでこニキビの大きな原因が「女性ホルモンバランスの乱れ」と言われてもピンと来ないという人も多いですよね。

他にもよくよく考えてみるとストレスのせいでニキビができると言われても、「どうしてストレスがたまると肌に吹き出物ができてしまうのか」詳しく知らないという人もたくさんだと思います。

「どのウェブサイトやブログでもそう書いてあるから何となく信じている」という人がほとんどですよね。そこで今回の記事では、より正しい対策方法へとつなげていくためにも、どうして女性ホルモンバランスの乱れが生理前のおでこニキビの悪化や大量発生の原因となるのか、そのメカニズムをもっと詳しく解説していきたいと思います。

原因をしっかりと認識しておくことで対処していく上でもきっと役立ちますよ。

生理前おでこニキビはこうして大量発生する

まずニキビの最終的な原因は毛穴が角質汚れや皮脂で詰まることです。初期の段階では単なる角栓(コメド)と同じで炎症も起こしていません。しかし、塞がった毛穴の中でアクネ菌が繁殖する事で炎症を起こした見慣れた赤ニキビへとつながっていってしまうんですね。

となるとどうして生理前のホルモンバランスの乱れが毛穴の詰まりを引き起こすのか?それが分かればメカニズムが解明出来そうです。

生理前になると卵胞ホルモンで美肌ホルモンとも言われる「エストロゲン」に対して、不細工ホルモンなんて言われることもある黄体ホルモン「プロゲステロン」が相対的に多くなります

(プロゲステロンは胎盤を作るために必要で、生理前に引き起こす様々な不調を除けば必要な女性にとって大切なホルモンです。)

ところがこのプロゲステロンが男性ホルモンに似た働きをするんですね。では男性ホルモンはどんな影響を私たちに与えるのでしょうか?ここが生理前におでこニキビができる原因を知る上で大きなポイントとなりそうです。

男性ホルモンが持つ作用の一つが実は「過剰な皮脂分泌」なんですね。皮脂分泌量が増えれば思春期の学生のようにおでこにニキビができやすくなったとしても納得です。

しかも生理前には肌の水分量が不足していつも以上に乾燥肌・敏感肌になるという人も多いのではないでしょうか?

乾燥肌の毛穴は上手くターンオーバーが働かずに古い角質汚れや皮脂が毛穴に詰まりやすい環境なんですね。

まとめると、乾燥肌で新陳代謝が上手く行われないところに女性ホルモンバランスの乱れによって過剰な皮脂分泌が引き起こされて、毛穴に皮脂が詰まることで生理前おでこニキビの原因になってしまうんですね。

元々皮脂腺が豊富なおでこは特に肌荒れを起こしやすいと思います。元々乾燥肌だったという人はさらに吹き出物ができやすい肌環境であると言えます。

これで生理前に女性ホルモンバランスの乱れでおでこにニキビが大量発生してしまうメカニズムが分かりましたよね。

ちなみにストレスも男性ホルモンの分泌量を増やすのでそれがニキビの原因になってしまうんです。

(ストレスがたまると抗ストレスホルモンが分泌されますが、その時に男性ホルモンも増えてしまいます。)

イメージとしてわかりにくいストレスやホルモンバランスの乱れがニキビにつながる理由が分かりましたね。生理前にはイライラしてストレスを感じてしまいがちですが、それもまたニキビ悪化の原因を作る悪循環なんですね。

ストレスを和らげれば生理前ニキビが改善するワケも同時に分かりますよね。

生理前おでこにきびにピッタリのケア化粧品も紹介! © 2017